ギア・インプレッション

KUDOS2

SKYPARAGLIDERS

KUDOS2

磨き上げたド真ん中!

研究開発チームはクドスがあるべき姿を追求し
すべてにおいて安心・安定を提供する信頼の翼
新しいクドス2を創り出した。

EN-Bニュージェネレーション

 2021年夏、満を持して発表されクドス2は、これまでのスタンダードEN-Bのイメージを一新させるグライダーになるだろう。
 独創的な"パラレルプロダクションシステム"導入後、多くの成功を収めたくさんのスカイパラグライダーズファンを作ってきた。今回、さらにその体制を進化させ、長期間の広域マーケティングを実施、マーケットから求められているあるべき姿を模索した。こうして進化を遂げ生まれ変わったのが、ニュージェネレーション・スタンダードEN-B機クドス2である。

最新インテーク構造

 2004年、各社に先駆けて完全3Dカッティングシステムを実現させたスカイファクトリーならではの高精度立体縫製により、緻密な縫製で作り上げている。さらに、この10年間でナイロンロッドによりソリッド化されたインテーク構造は一般的になったが、そのメリットとデメリットを徹底的に検証した。
 ロッド構造による唯一のデメリットは、ロッドの形状がセル接続縫製に沿って飛び出して変形してしまうことがある。リーディングエッジの一部が出っ張ってしまうと、わずかに上面の風の流れを乱してしまう。また中級者パイロットが稀にインテークからグライダーを落としてしまうと、機体構造にダメージを与えてしまう。
 これを払拭するためにクドス2では、フェイス面とロッドの間に8mm幅の緩衝スペース(下写真)を作ることで、3Dインテークの平滑化とダメージに強い高耐久性を実現している。

意識が変わる沈下しないアクセル

 ライザーシステムは、3本ライザーから複雑に分離している。特にアクセルを踏み込んだ時に、翼端の変形率を最小限の止めるために、2つのAライザーが独立して稼働するシステムを採用している。これによりEN-B高性能機を初めて試すパイロットに、新鮮な驚きと自信を提供することになる。
 初級機から乗り上げた時「アクセルって深く踏むと沈下ばっかり」「潰れるんじゃないかと不安」という声を聞くが、クドス2の新アクセルシステムを是非アゲインストや荒れた空域で試してもらいたい。「上級機ってこういうズルいアクセルなんだ」とクドス2のその軽いアクセルがもたらす「より安定して前へ」の感覚に驚くだろう。
 これまでのフライトスタイルに、より積極的なアクセルワークを加えることで、フライト中の安心安定感のイメージが大きく変わることは間違いない。「安定したあと一歩」を乗ったその日から体験できる。それがクドス2だ。

ドンピタ!
軽くド安定のライズアップ

 ステップアップしたパイロットが初めて訪れるエリアのテイクオフ環境に対して、自身のライズアップ技術と対応力が心配なのはだれでも経験することだろう。クドス2はそんなパイロットの心配を、1回で楽しさ・気楽さに変えてしまう。複雑な気流を受けるテイクオフのライズアップでも、あっけにとられるほどの安心感と頭上安定性を示す。
 全てにおいて安心・安定を提供することに開発ポイントを据えた、それが最新スタンダード機クドス2である。
 さらに一度使ったら戻れない快適さで、コンペティターをはじめ他社グライダーのパイロットもこぞって交換する、指フックのついた人気のスカイコンペトグルが標準装備になっている。

(REPORT: Keiichi Amano)

SPEC INFORMATION

サイズ XS S M L XL
セル数 45 45 45 45 45
翼面積(投影)㎡ 19.36 20.68 22.09 23.59 25.20
翼面積(展開)㎡ 21.78 23.27 24.85 26.55 28.36
スパン(投影)m 8.79 9.08 9.39 9.70 10.03
スパン(展開)m 10.48 10.84 11.20 11.57 11.96
アスペクト比(投影) 3.99 3.993.993.993.99
アスペクト比(展開) 5.05 5.055.055.055.05
機体重量 kg 4.0 4.2 4.3 4.4 4.6
飛行重量 kg 55-70 64-81 74-94 85-108 99-125
安全規格(EN/LTF) B B B B B
価格(税別) ¥484,000 ¥484,000 ¥484,000 ¥484,000 ¥484,000

※カラーオーダーは+¥33,000(税込)

[製造元]SKYPARAGLIDERS/チェコ共和国
[輸入・販売元](株)オフィスムーン スカイパラグライダーズジャパン部門
[URL]https://www.skyparagliders-japan.com

2021年10月号掲載)