ギア・インプレッション

MINIPLANE RIGID LONG RANGE

PERL IL VOLO

MINIPLANE RIGID LONG RANGE

信頼のTOP80がバージョンアップ!

軽量で高推力!
メンテナンス性に優れ
数々の大会を制した名機が
すべてを磨き上げてリニューアルされた!

エンジンのベンチマークとして君臨

 ペルイルボロ社(イタリア)が開発するトップ80は、開発から約20年以上経過しても圧倒的な支持を受けるユニットだ。2001年から世界選手権の連勝を続け上位をほとんど独占、高性能エンジンとしてパラモーター界を変えたと言っても過言ではない。まさにトップの名に相応しい称号を獲得している。
 軽く、タンデムフライトもトライできるほどの推力を持ち、高燃費。そして優れたメンテナンス性が人気の秘密だ。専門のメンテナンス工場がバックアップ体制を整えているのも心強い。実際、生産されたほとんどのTop80エンジンは今も稼動しているから驚きだ。

届いた新トップ80は驚きの軽さ!

 そのトップ80がバージョンアップし、新トップ80を搭載した超軽量ミニプレーンリジッドロングレンジとして登場。多くの方が使っているミニプレーンの安定した性能を、さらに使いやすく高推力、低燃費、長距離飛行にバージョンアップした。
 トップ80は軽さで定評があったがさらに軽くなり、4分割アルミプロペラガードは簡単に取り外せる構造を採用。
 プロペラガードやフレームは、空力特性向上のためにエアロチューブとテーパーチューブを採用している。当然、すべて細身のチューブで軽量に仕上げら、ジュラルミン製で十分な強度がある美しい仕上がりだ。直径1500mmのガードなのに、背負った感じはとても軽く感じる。
 タンクが18リットルなので何時間飛べるかが気になるところだ。

さぁ飛んでみよう!

 早速、届いたばかりのユニットを愛車のアルファードに積んで北海道に向かった。ちなみにアルミプロペラガードの上半分だけを外した状態で簡単に積み込むことができた。無事に北海道に到着し、マオイスカイスポーツエリアと鷹栖フライトエリアにお邪魔した。
 集まったパイロットの皆さんは、私の姿を見つけるやいなや集まってくる。車から降ろし組み立てる段階から注目の的で、組み上がったユニットも順番に持ち上げて行く。誰もが「なんだこりゃ、軽い!」と絶叫、その軽さに拍子抜けしてしまって笑うしかない。
 注目の中のファーストフライト。ライズアップはクロスハンド、軽量ハーネスのせいなのか山飛びのハーネスを着ているみたいに軽々行える。
 離陸にまたびっくり、推力が大きいのでフルパワーがいらない。低速で長いプロペラを回しているので風切音しか聞こえてこない。拍子抜けするほど静かなテイクオフだ。スロットルは細身のグリップと強化されたスロットルワイヤーで、操作性が良くできている。
 テスト飛行時の乾燥重量は約20kgなのだが、パワーと重量比が大きいので離着陸は楽ちんだ

進化したアクティブシステム

 ペルイルボロ社が開発したアクティブシステムは多くのパラモーターに搭載されているが、新トップ80では軽量バージョンのアクティブシステムに進化し、安定した操縦性が実現している。
 私のハーネスはペルイルボロ社が長年チューニングしてきた軽量ハーネスなのだが、相性も抜群で乗り心地は最高。思い通りの操作性で、軽量の山飛びハーネスを感じさせてくれる。オリジナルのハーネスならば安定性と操作性に優れ、初心者からでも問題なく使える素晴らしいバランスだ。また肩つりハーネスも兼用できるよう、フレーム対応している。

テストフライトを終えて

 集まったパイロットの見守る中のテストフライトだったが、営業を忘れ心底フライトを満喫した。
 フライト前の疑問「タンクが18リットルなので何時間飛べるか」の答えだが、6時間から9時間は余裕で飛べるだろう。この優れた燃費性能は、クロスカントリーフライトで真価を発揮するに違いない。とんでもない余裕のフライトができるようになった。
 ミニプレーン リジッドロングレンジのフライトで、飛ぶことの新しい発見もあった。新しい飛び方をイメージさせてくれる。それは実際に手に入れた時に、あなたにも見えてくるに違いない。

(REPORT:Ryoya IGARASHI)

SPEC INFORMATION

乾燥重量 20kg
エンジン 新TOP80(超軽量バージョン)
推力 58kg
ハーネス アクティブシステム
(約1.7kgは総重量に含む)
プロペラ カーボン1400mm ミニプレーン専用
プロペラガード 航空機仕様アルミニウム
1500mm 4分割
スロットル PER IL VOLO社製
タンク 18リットル(6~9時間飛行可能)
価格 オープン価格

※お問い合わせは、各地スクール・販売店へ。

[製造元]PER IL VOLO/イタリア
[輸入・販売元]フライトシステム
[URL]http://fsystem.mizubasyou.com

2022年春号掲載)