ギア・インプレッション

LM7

OZONE

LM7

ゼノとエンツォ3のテクノロジーを注ぎ込んだ軽量・高性能3ライナー

高性能機でより遠くに飛びたい。ハイクアップやランディング後のハイクでの負担を小さくしたい。そんなクロスカントリー指向のパイロットに向けて作られた翼、それがLM7だ。

LM7はどう進化したか

 翼のプロファイル、平面形状、および翼形はすべてゼノから進化したもので、全サイズが78セル、アスペクトレシオは6.5と先にリリースされたM7と同じ。重量は約15%軽く(MSサイズで5.2kgから4.5kgと700g軽量化)なり、大幅な軽量化は多くの恩恵をもたらせている。パッキングサイズや持ち運びの時の利便性を高め、立ち上げは軽く、キャノピーが容易に空気を取り込みやすくなった。  翼からのフィードバックはより活発になり、空域の情報をより敏感に感じ取れ、少し荒れた空域で翼をより俊敏かつ的確にコントロールしやすくなった。LM7は、「ほぼゼノ」の性能を持ちながら、機敏性、快適性、安全性に関してはデルタシリーズに近いと言える。
 前身のLM6と比較すると、LM7は発揮できる力が全体的に向上。特にアクセルを使用した時の性能が大幅に進歩した。しかも潰れからは回復しやすくなり、パイロットが空中において翼をコントロールしなくてはならない場面が少なくなった。乱れた空域の中でも、コントロールのみに集中するのではなく、意識を広く持つことが可能になる。オゾンは「この翼は、最新の2ライナーのパフォーマンスを備えつつ、より快適に安全にフライトできる理想的な翼!」と自信を持って明言している。

荒れた空域こそ実力を発揮!

 LM7サイズSを飛行総重量83kg (上限)、北風がやや強めのバンピーな朝霧でフライトした。ややサイド4m/sくらいでライズアップ。最初の引きに対して生地が軽いことが影響しているのか、インテークを立ち上げるための初動はパッと空気が入りにくい印象(1歩が大股な人には問題ないレベル)。しかし少しでも空気を取り込めば、スゥ〜と頭上に上がってくる非常に軽い立ち上がり。頭上で止まり、この程度の風ならオーバーシュートして前に突っ込んで来るような挙動はほとんどなかった。
 センタリングは引いた分だけスムーズに曲がり、快適な旋回性が味わえる。クイックなターンをしたときに横滑りしたり、切れ込んできたりするような感覚はなくイメージ通りのセンタリングが可能だ。ブレークの引き心地は、軽すぎず重すぎず丁度良い。
 荒れた空域でセンタリングすると、この翼が持つパフォーマンスの高さを存分に体感できる。ラフな空気の動きを翼が吸収してくれて、あたかも静寂な空域で飛んでいるかのような錯覚に陥る。時に大きく振られたり弾かれたとしても、それに対応する操作を行えば、翼は俊敏に反応し、体制を立て直してコアに入り直してグングン上昇していける。
 アクセルを踏み込んでみると、スムーズな加速に感動した。軽く滑らかに加速、ノーズが下がって下降を伴うという感じが全くない。更に深く踏み込むに連れスピードアップしつつも、ハーフまでは沈下が大きくなったとは全く感じられない。逆に沈下率が小さくなったのではと思われるような体感だ。フルアクセルから一気にリリースしピッチアップさせてみたが、軽くブレークを当てる程度で、フロントが潰れるような気配は感じられなかった。

どんなパイロットにお勧めか

 M6・LM6よりもアスペクトが低くなり、より安全な方向に振れたかに見えるM7・LM7シリーズだが、操作性・性能は前作より格段にアップしたのでパイロットにはそれに合わせたより高い技能が求められる。
 ステップアップの場合、グライダーに乗せてもらっていたタイプのパイロット、グライダーのおかげでいい飛びができていたようなパイロットにはお勧めしない。LM7は自分主導でグライダーを乗りこなしてきたアクティブなパイロット向けで、M6・LM6からの乗り換えの場合も同じ。
 逆にゼノからのステップダウンでは、同程度の性能を有しながら安全も手に入れられるので存分の満足感が得られることは間違いない。SIVトレーニングを受けている、もしくは毎週末エリアに通ってフライトしているなど、ある程度の技能を有した経験豊富なパイロットにお勧めしたい。

(REPORT:Keiko HIRAKI)

SPEC INFORMATION

サイズ XS S M ML L
セル数 7878787878
翼面積(投影)㎡ 16.2 17.6 19 20.4 21.6
翼面積(展開)㎡ 19.3 20.9 22.6 24.2 25.7
スパン(投影)m 8.8 9.1 9.5 9.8 10.1
スパン(展開)m 11.2 11.6 12.1 12.5 12.9
アスペクト比(投影) 4.7 4.7 4.7 4.7 4.7
アスペクト比(展開) 6.5 6.5 6.5 6.5 6.5
機体重量 kg 4.00 4.26 4.50 4.73 4.96
飛行重量 kg 50-70 64-81 74-94 85-108 99-125
安全規格 DDDDD
価格(税別) ¥630,000 ¥630,000 ¥630,000 ¥630,000 ¥630,000

[製造元]OZONE/フランス
[輸入・販売元]ファルホークインターナショナル(有)
[URL]http://www.falhawk.co.jp

2020年4月号掲載)