作成者別アーカイブ: paraworld

パラワールド4月号、金曜発売!

パラワールド4月号、まもなく発売です! 2014年始まって2カ月ですが、 パラグライダーのコンペシーンでは、 2013年のワールドカップ・スーパーファイナルがあり、 2014年の初戦、ワールドカップ・メキシコ戦がありました。 グライダー問題が勃発したスーパーファイナルから続く、諸問題。 PWCAでは、グライダーチェックについて、 ドキュメントを公開しています。 http://pwca.org/node/23325 4月号では、そんな渦中のオゾンの「Enzo2(エンツォ2)」と、 ニビュークの「Icepeak7pro(アイスピーク7プロ」を、性能の面で徹底比較! もちろん、スーパーファイナルのレポートもバッチリ掲載。 選手たちはどのように戦ったのか、宮田歩選手がレポートしてくれました! また、年末に21年ぶりに更新された、平木啓子さんによる、 ブラジル・キシャダ(Quixada)での日本記録が更新レポートもご紹介! 題して「XC Record Rush in Quixada」! このエリア、すごいんです。 平木啓子さんの日本記録332?のほか、 ニコール・フェデレの女子世界記録376.5?、 オノラン・アマールのゴール申告XC世界記録423.5?、 他にも「サーマルフライング」の著者でもあるブルクハルト・マルテンスが 320?、さらに397?をフライトしドイツのXC記録を2度更新。 いったいどんなエリアなのか? 平木さんがレポートしてくれました! 大特集は「緊急降下テクニック」。 ひとたびテイクオフしたら、ランディングは必ず通る道ですが、 強すぎるコンディションで楽しく飛べないとき、 荒れた空域で翼が潰されてしまったとき、 うっかり吸い上げられてしまったとき、 天候が急変してしまったときなど、 急遽降りる必要に迫られるとき、「降りたい!」と思うときは、 誰にでもあり得る状況です。 そんなとき、確実に降ろす自信はありますか? 「降りたいのに降ろせない」というのは、実は一番怖いこと。 高く上がるだけでなく、早く降りることもできる、 それが、本当の意味での「空を自由に飛ぶ」ということなのです。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

PWCスーパーファイナル、宮田選手総合5位、平木選手女子優勝!

2013年度のPWC(パラグライディング・ワールドカップ) スーパーファイナル・ブラジル戦が25日に閉幕しました。 結果は、総合5位に宮田選手が入賞! そしてそして、女子は我らが“アニキ”・平木啓子選手が優勝!! 2位にはフランス代表ではありますが、 聖子ちゃんことSeiko FUKUOKA NAVILLE選手が入り、 表彰台は日本人女子2名が笑顔で飾りました! 今回は11日間にわたる競技日程で、 10タスクのうち9タスクが成立。 途中、グライダーチェック問題なども発覚して、 選手たちにとっては、精神的にも大変な大会だったかと思います。 そんな中、見事な結果を出した日本選手の皆さん、 本当にお疲れさまでした!! (以下、結果) 詳細は、http://pwca.org/results/results/ ●総合 1位 Francisco Javie REINA LAGOS(スペイン/オゾン・エンツォ2) 2位 Joachim OBERHAUSER(イタリア/オゾン・エンツォ2) 3位 Stephane DROUIN(フランス/オゾン・エンツォ2) 4位 Julien WIRTZ(フランス/オゾン・エンツォ2) 5位 宮田歩(日本/ジン・ブーメラン9) 6位 Frank BROWN(ブラジル/ジン・ブーメラン9) ●女子 1位 平木啓子(日本/オゾン・エンツォ) … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

PWCスーパーファイナル、開幕へ!

いよいよブラジルでの PWC(パラグライディング・ワールドカップ)の最終戦、 スーパーファイナルが開幕します! 12月に起こった、降り続く豪雨による洪水で、 当初予定されていたバイショ・グァンドゥ(Baixo Guandu)は 壊滅的な被害で大会の開催は難しくなり、 代替地として名乗りを上げてくれたのが、 同じブラジル南東部エスピリトサント州のバダラレス(Varadares)。 一時は大会の開催自体が危ぶまれましたが、 なんとか、開幕にこぎつけたようです。 地元の方々に感謝!!!ですね^^ ●公式HPはこちら↓ http://abvl.net/superfinal/ <参考> ブラジル・リオで豪雨、洪水や地滑りで非常事態宣言も http://news.livedoor.com/article/detail/8340807/ 現地は、地球の裏側なので季節は夏。 14日の天気を見てみると、最高31度、最低19度、湿度59%の予報です。 世界各国から121人(男子110人、女子11人)の強豪が参戦するなか、 日本からの選手は、以下の7人が参戦予定! 青木翼(ニビューク/アイスピーク7プロ) 廣川靖晃(オゾン/エンツォ) 呉本圭樹(オゾン/エンツォ2) 宮田歩(ジン/ブーメラン9) 成山基義(オゾン/エンツォ2) 平木啓子(オゾン/エンツォ) 水沼典子(ニビューク/アイスピーク7) そして、フランス代表として、聖子ちゃんこと Seiko FUKUOKA NAVILLE (ニビューク/アイスピーク7プロ)! ※敬称略。 ()内は公式HPに発表されている、各選手の使用グライダー(メーカー名/グライダー名)。 ※選手リストはこちら。 当初の予定では、14日からスタートとなっていましたが、 本日が公式練習日とレジストレーションの模様。 選手たちの到着の様子を、お馴染みPhilippe Broers氏が、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。