パラワールド12月号、明日発売!

ご無沙汰しております。
いよいよ明日、パラワールド12月号発売です?!!

パラワールド12月号表紙。

表紙は、9月7日に行われた、レッドブルのドロミテマンレースの1シーン。
エックスアルプスでもお馴染みの、ポール・グシュバウアー選手のフライトシーンです!
彼は、ドロミテマンレースのパラグライダー部門でも、
1位という、素晴らしい成績を残しています(成績表)。
チームは「Red Bull Team」で、チーム成績としては6位。(成績表
我らが、日本のKizuna JAPANは、堂々の11位!!
初参戦で、この順位は素晴らしいと思います。

レポートは、こちら!

ドロミテマン。

ちなみに、マウンテンランニングでは宮原徹選手が2位(成績表)、
マウンテンバイクでは山本幸平さんが7位(成績表)にランクインしています!

誌面やWEBでも告知しているとおり、
NHKのBS1で特集番組が放送予定ですので、必見ですよー!
エックスアルプスのJ SPORTSの特集番組と合わせて、
11月のマスト・レッドブル番組をこちらにまとめましたので、ご参照ください。

さて、12月号の特集は、
“使える!”パラ用語解説「パラ用語の深淵」!!
パラグライダーの進化に伴って、新しい用語も生まれていますし、
間違って覚えてしまっている用語もあるもの。
ここで、実用度の高い用語を、しっかり読んでおさらいを!
解説はパラグライダー最新講座でおなじみの、岡田直久さんです、
以下が収録用語なので、チェック!

クラバット/ドルフィン飛行/トランジット/ポーラーカーブ/
アシメトリックスパイラル/トリガー/ブルーサーマル/
リーサイド(サーマル)/エマグラム/コンバージェンス/
アーベントテルミック/ダストデビル/クラウドストリート/
クロスパラシュート/カスケード/ホールディンぐライン/ストール/
ダイレクトベース/バンザイ

パラ用語の深淵。

そして12月号の恒例!ニューグライダー情報も満載!
9月のイカロスカップで発表された新モデルが続々と登場です。
エックスアルプスをターゲットに開発されたグライダーもお目見え。
買い替えのご参考にどうぞー。
(ハーネスは、次号でご紹介予定です)

New Gliders 2014

そして、出揃った今年の日本チャンピオン!
パラグライディング日本選手権 in 足尾、
パアグライディングアキュラシー日本選手権 in 南陽、
JPAナショナルリーグ・日本グランプリ(らいちょうバレーカップ)
をドドンと3本、レポートとともにご紹介しています。

Paragliding Champions 2013 in Japan

エリア特集は、元ロンドン在住、サトユキ特派員の欧州レポート
UK South(イギリス南部)をご紹介!
フラットランドのイギリスは、飛べないイメージがあったりするが、
今年はすでに200kmオーバーのクロカン記録が6本、
100kmオーバーの記録は202本も出ているんです!!
ロンドンから電車で通えるブライトン周辺のエリアは8つ。
Devil’s Dyke(デビルスダイク)、Bo Peep(ボーピープ)、
Mount Caburn(マウントカバーン)を中心に、
クロカン実況なども含めて掲載しています。

UK South(イギリス南部)

そして、大人気の小型カメラGoProを使っている方に!
題して、「GoProで撮影を楽しもう!!」
最近複数のメーカーから発売されている、GoPro専用アクセサリーを使った撮影方法など、楽しみ方のヒントをご紹介しています。

GoProで撮影を楽しもう!!

その他、パラグライダー最新講座は「ローリング」
(前回までのピッチングと合わせて、しっかり押さえておきたい!)

パラモーターセミナーは「エンジンを始動するにあたって」
(パラモーターはエンジンを始動することから始まりますが、
意外にもその過程でトラブルが発生することが多い!と荒井氏)

ブルース・ゴールドスミスのフライトテクニック講座は、
「Vario Free(バリオ・フリー)」
(ブルースはコンペを引退後、現在まで3年間、
一切計器を身に付けずに飛んでいるといいます。
ババリオを持たないフライトで感じる静寂と自然との一体感とは?)

パラモーターレビューは、「高高度フライトへの招待」
(とかく低高度スレスレのフライトを取り上げられるパラモーターですが、
高高度フライトも、パラモーターならではの楽しみ方があるのです!)、

Welcome to Our Area!は、「生坂スカイスポーツ公園」
(「長野県のお助けエリア」と呼ばれる生坂の魅力に迫ります!)

などなど、連載陣もたっぷりでご紹介しています♪

早いもので、「2013年」と付くのも、今号まで…。
次号は12月末(年末!)発売の、2014年2月号になります(汗)。

ではでは、急に寒くなりましたが、
体調など崩されないよう、皆さまご自愛くださいませ。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。