ギア・インプレッション

ARCUS7

SWING

ARCUS7

Safety, Allround & Fun!

アルカス7は、翼全体の効率が理論的に高められており、フライトする場面とパイロットレベルを問わない懐の深いオールラウンド“ファン”グライダーとして進化し、パラグライダーの新基準にふさわしい仕上がりとなっている。

構造

アクセルを使用しない場合でLTF/EN−A、アクセル使用時でBクラス認証を得るよう、安全性を最優先に仕上げられてきたアルカスシリーズ。アルカス7でも同様に、アクセルを使用した場合の対称・非対称のフロントコラップスのテストのみBクラス、それ以外のすべてのテストはすべてAクラスと最高レベルの安全性の認証を得ている。
翼後縁部分にリブとリブの中間に小さなリブを追加。これにより後縁の膨らみを抑え、揚力の効率を高めている。リーディングエッジエアインテーク上部には切り返しが入れられ、翼表面の空気の流れを効率的に、翼の性能が高められている。また、リーディングエッジのカーブに合わせて入れられたナイロンロッドにより、ライズアップ前でもエアインテークがしっかりとオープン、立ち上げはスムースで、翼全体の重量も軽減されている。ラインレイアウトも見直され、トータルで40mも軽減。
このように様々な新しい技術により翼効率が高められ、高速域・低速域含め、どのような速度域でもコントロール性、そして安定性を向上させることに繋がっているようだ。

性能・操作フィーリング

立ち上げは正対(フォワード)でも反転(リバース)でもライザーはやや重めだが、自動的に安定するような感覚でスムースに立ち上がる。かなり低速が充実しているため、離陸の際は遅い助走でも、翼の傾きさえなければ浮いてくれる。離陸後はスピードの乗りも滑らかですぐに安定してくれる。ブレークコードの操作性は良く、ターンもスムースに行うことができる。
ただしブレークコードの重さはやや重くセッティングされており、それは引き込みすぎた際のストールの警告のためだという。その重さもサーマルソアリング中でのセンタリング等のターンでは気になる程ではなく、もちろん通常のフライト〜ソアリングで使う速度域でのブレークコードは重いと感じることはなかった。
サーマルでの上昇力はスムースでピッチ安定は前モデルよりも高められている。滑空比はやや高められており、上級者がのんびりとフリーフライトを、という場合でも楽しめるくらい良く飛ぶ。
LTF/ENテスト同様のフロントコラップスを対称・非対称で行ってみた。アクセルなしではテスト同様、すぐに回復しA認証そのものだ。フルアクセルでは(どちらかといえばというレベルで)B認証となってしまうが、50%程度のアクセル使用ではまだまだA認証といえる回復性を示してくれた。

すべてのパイロットに!

アルカス7は、意欲的なビギナーのファーストグライダーとしても、その安全性レベルから対応できるものといえる。また、これからサーマルソアリングを経験していきたいビギナーのセカンドグライダーとして、さらに浮きの良さや操作感の良さから、余裕をもってフライトを楽しみたいという経験あるベテランパイロットにもお勧めしたい。

(REPORT: Satoshi MEGURO)

SPEC INFORMATION

サイズ 22 24 26 28 30
セル数 44 44 44 44 44
翼面積(投影)㎡ 22.10 23.60 25.10 26.70 28.20
翼面積(実測)㎡ 25.50 27.25 29.00 30.75 32.50
翼幅(投影)m 9.31 9.62 9.93 10.22 10.52
翼幅(実測)m 11.51 11.90 12.28 12.64 13.00
アスペクト比(投影) 3.95 3.95 3.95 3.95 3.95
アスペクト比(実測) 5.20 5.20 5.20 5.20 5.20
飛行重量 kg 60-80 70-90 80-105 90-115 105-130
機体重量 kg 5.90 6.10 6.30 6.50 6.70
安全規格(LTF/EN) B(アクセル使用時はA) B(アクセル使用時はA) B(アクセル使用時はA) B(アクセル使用時はA) B(アクセル使用時はA)
価格(税込) ¥456,750 ¥456,750 ¥456,750 ¥456,750 ¥477,750

[製造元]SWING/ドイツ
[輸入・販売元]ヘリグライド(株)
[URL]http://www.heliglide.com/

2012年10月号掲載)