ギア・インプレッション

BRIGHT3

GRADIENT

BRIGHT3

GRADIENT兄弟の末っ子は
スポーティな優等生!

「ユーザーのニーズ実現」を重視するグラディエントから、ブライトシリーズの最新モデル「ブライト?」が登場した。ニューパイロットにクロスカントリーフライトを提供することを目指した性能と安全性はどれ程のものなのか?

軽いライズアップ特性

サイズ26で5.4kgという軽量化を実現したブライト?。ライズアップで感じるのも、その軽さだ。初動でライズアップが始まり、トルクが強くかからずにスムースにキャノピーが上がってくる。テンションが軽くなりグライダーが上に来ると、キャノピーのライズアップスピードが遅くなる。頭上安定性の良さもまたグラディエントの特徴である。軽いライズアップだがシューティングしにくい。
また、強めの風の時にはあまり風下側には引かれずにライズアップするし、無風時でも早めに上がってくれる。余計なストレスがかからず、気持ち良くライズアップができるので、力のない女性や、肩の固い人などにもお勧めだ。ライズアップの時にあまりAライザーに力をかけ過ぎないないように注意した方が、よりスムースにライズアップできるだろう。

安定したグライディング、軽いハンドリング

テイクオフの後、順調にフライトに入った。DHV1の機体だけに直進性も気持ち良い。サーマルに近づくと、グライダーが反応しリフトを教えてくれる。十分にリフトを感じたところで旋回を開始。ハンドリングは他のグラディエントのグライダー同様、適度な軽さにブレーク圧力が設定されていると感じた。
まずは浅いバンクで大きく旋回し、サーマルを探ってみる。弱いサーマルの中で浅いバンク角での旋回は、安定して「カチッ」と回ってくれ、緩やかに上昇できる。強いショットではブレークを引き、深いバンク角で一気に回ってみた。ハンドリングが良いおかげで「グリッ」と回る。深いバンク角でのセンタリングでもきれいに上昇することができた。深いバンク角では、外翼側のブレークコードでバンク角、スピードを調整する。
梅雨の晴れ間でのテストフライトであったためサーマルが小さかったが、ハンドリングが良く、浅いバンクでも深いバンクでもストレスなくセンタリングができ、上げきることができた。

スポーティな乗り心地

ブライト3は、「安全性」と、「良い(軽い)ハンドリング」と、「パフォーマンス(滑空性能)」という一見相反する要素を、バランスよく実現したグライダーである。安定したフライト特性の中にも、スポーティな乗り心地を感じ、ここにグラディエントの機体作りの面白さを感じる。テストパイロットでもあり社長でもあるオンドレイ氏が、若々しい感性で、他のメーカーにはない、独自のフィーリングを機体作りに注ぎ込んでいるせいだろう。
自分たちの感性を信じて地道に、確かなグライダーを完成させているグラディエントの新しい初級機は、初心者からステップアップの方はもちろん、イージーにそしてサーマルソアリングをストレスなく楽しみたいパイロットにもお勧めしたい。

(REPORT/Atsushi UENO)

SPEC INFORMATION

サイズ 24 26 28 30
セル数 40 40 40 40
翼面積(投影)㎡ 20.86 23.50 26.04 28.44
翼面積(実測)㎡ 23.94 26.98 29.89 32.64
翼幅(投影)m 9.03 9.59 10.03 10.54
翼幅(実測)m 10.70 11.35 11.95 12.49
アスペクト比(投影) 3.91 3.91 3.91 3.91
アスペクト比(実測) 4.78 4.78 4.78 4.78
ライン弦長 m 6.49 6.89 7.25 7.57
機体重量 kg 5.0 5.3 5.8 6.1
飛行重量 kg 60-80 75-95 90-110 100-130
沈下率
L/D
安全規格(DHV/AFNOR) (1)/― 1/― 1/― 1/―
価格(税込) ¥388,500 ¥399,000 ¥409,500 ¥409,500

[製造元]GRADIENT/チェコ
[輸入・販売元](有)エアハートコーポレーション
[URL]http://www.airheart.jp/

(2006年10月号掲載)