ギア・インプレッション

AVAX XC2

GRADIENT

AVAX XC2

安定性と高いパフォーマンスとを実現した
高性能クロスカントリーモデル

コンペモデルAVAX SR7が好調のグラディエントから、そのクロスカントリーモデルであるAVAX XC2が発表された。好評を博したAVAX XCは、今回のモデルチェンジによって、より完璧に近い形に生まれ変わった。

フィードバック特性でグイグイ上昇

機体は、重量が5.1kg(24サイズ)と非常に軽く仕上がっていて、グラディエントの軽量への執念が伺える。広げてみると、実測で6.38という高いアスペクト比が印象的だ。初代XCと比べて、実測アスペクト比が7%上がったのに対して、投影アスペクト比が4%にとどまっていることから、少しアーチが強くかかったことが分かる。また、翼形が後退しているのも分かる。
機体重量の軽さを反映して、ライズアップは非常に軽い。グランドでのハンドリング、安定性も十分だ。実際のフライトでも、ハンドリングは素直でダイレクトな印象だ。フィードバック特性を感じ、翼が行きたがる方へ旋回を始めると、グイグイと上昇を始める。翼の剛性がしっかりしており、シンクレートの良さを感じながら気持ち良く上がっていく。
ブレークのテンションはしっかりあり、不安感はまったくない。筑波山近辺特有のコンバージェンスでのサーマルだったのでそこそこ強く、場所によっては荒れてもいたが、サーマルソアリング中のグライダー挙動は決して激しいものではなく、安定性があると感じた。特にピッチ安定性は、リフレックスの効果が効いているようだ。ソアリング中に、翼がシューティングするとググッとリフレックスがかかり、シューティングを止めてピッチ安定をしてくれるのが分かる。

SR7譲りのプロファイル

アヴァックスXC2の美しいプロファイルは、コンペティショングライダーとして成功を収めたアヴァックスSR7から受け継がれている。セルの構造は、2つのノンキャリグリブと上面に直接接続されたダイアゴナルリブとからなり、トップサーフェイスのカーブを最適に保つようにデザインされている。翼は軽量だが、不安定な動きは特になく、剛性は十分にあると感じた。 アクセルを踏むと、風の音が変わりスムーズに加速する。直進安定性に優れていて、気持ち良くグライドして行く。
グランドサーマルでも非常に調子が良い。低いシンクレート特性が活き、軽くダイレクトなハンドリング特性と風を敏感に教えてくれるフィードバック特性の組み合わせにより、グランドで低高度での渋いサーマルで上げることができた。

高性能機に安心感を持って乗りたい方へ

最良滑空比9.5+、最大速度55km/h+というハイパフォーマンススペックとEN-Cにおさまる安定性を実現することにより、クロスカントリーフライトにおける飛行安定を生み出す。もちろんグラディエントの特徴である、風を教えてくれるフィードバック特性、軽くダイレクトなハンドリング特性も健在だ。
アヴァックスXC2は、クロスカントリーフライトをされる方はもちろん、現在のハイアスペクト比のコンペ機はちょっと荷が重いと思っている方、DHV2クラスからステップアップしようとしている方などに最適だ。

(REPORT:Atsushi UENO)

SPEC INFORMATION

サイズ 22 24 26 28 30
セル数 73 73 73 73 73
翼面積(投影)㎡ 18.79 20.06 21.6 23.2 25.09
翼面積(実測)㎡ 21.8 23.27 25.06 26.91 29.1
翼幅(投影)m 9.67 9.9 10.36 10.74 11.17
翼幅(実測)m 11.79 12.18 12.64 13.1 13.63
アスペクト比(投影) 4.97 4.97 4.97 4.97 4.97
アスペクト比(実測) 6.38 6.38 6.38 6.38 6.38
最大コード m 2.33 2.41 2.5 2.59 2.69
最小コード m 0.47 0.49 0.51 9.53 0.55
ライン長 m 343.1 361.4 375.0 388.6 404.1
機体重量 kg 4.8 5.1 5.4 5.8 6.2
飛行重量 kg 70-85 75-95 85-105 95-115 105-130
沈下率 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0
速度(最大/通常)km/h 58+/38 58+/38 58+/38 58+/38 58+/38
最大滑空比 9.5+ 9.5+ 9.5+ 9.5+ 9.5+
安全規格(EN) C C C C C
価格(税込) ¥556,500 ¥561,750 ¥567,000 ¥572,250 ¥577,500

[製造元]GRADIENT/チェコ
[輸入・販売元](有)エアハートコーポレーション
[URL]http://www.airheart.jp/

(2008年2月号掲載)