ギア・インプレッション

ASPEN6

GRADIENT

ASPEN6

新世代EN-C機アスペン6 誕生

感性を研ぎ澄まし、風の音を聞き、翼の鼓動を感じよう。繊細な風を捉え、さらなる高みを目指そう。自分の能力を引き出してくれる翼それがアスペン6だ。

新世代のCクラス機をワクワクのインプレッション

届いたアスペン6を広げてみると、真っ先にウイングチップに目が止まった。誘導抗力を下げるための構造だが、今まで見たことがないような鋭角な翼端。先端にまでバテンが入り、翼端の形状をひときわ鋭角に形成している。さらにミニリブが翼端のトレーリングエッジ付近の形状を滑らかにしている。これは新世代アスペン6のシンボルになるだろう。
新採用のVOシステムエアインテークは、V型に開いている部分とスリット状の細いエアインテークが連続している。あらゆる迎え角で効率的な内圧を生み出しているこのインテーク形状は、今後のグラディエント機のアイデンティティーになるだろう。
定番のDDシステム(ダブルダイアゴナルシステム)により、総ライン長を大幅に削減していることも、パフォーマンス向上に大きく寄与していることは間違いない。

アクティビティなフィーリングが、一歩先へ導いてくれる

アスペクト比は展開で6.46とCクラスの中では高いほうだが、翼の隅々までバランスよく空気がいきわたり、ナーバスな挙動は全く感じられない。テイクオフ直後、少々ハードなサーマルに遭遇したが思い切ってアタックをかけてみた。いつもならバンクコントロールとナーバスな翼端をなだめる操縦に忙しくなるのだが、切れ味のよいハンドリングが思い通りのセンタリングを実現してくれる。引けば引いただけの反応を翼が示し、曲がりたい時に小気味よく曲がってくれる。時々、荒っぽい風がビューっと翼に流れ込むが、翼を意のまま操ることができる。
センタリングを始めたころは深いバンクで旋回半径を小さくしていたが、高度が増すにつれバンクを緩めていった。高度が増して旋回半径が大きくなっても、翼本来の安定性やバランス、操作性は変わらずナーバスな状態にはならなかった。
Bクラスでは感じにくい繊細な翼の動きが、パイロットに的確に伝わってくる。切れ味のいいハンドリングにより、自分の思い描いたラインを描くことができる。このシャープなフィーリングが、とても新鮮に感じられた。

新世代Cクラス機の長所を使え!

アクセルを50%踏み込むと風切り音が変わり、スムーズに加速し始めた。VOシステムの効果を強く感じる瞬間だ。ライザーコントロールは、Cライザーについているハンドルを持って行う。高速時もナーバスな状態とは無縁で、翼のバランスの良さが感じられた。
流されるサーマルでは、優れたペネトレーションを活かし風上側のサーマルにくらいついていくようだ。このような厳しい条件では、新世代Cクラスの長所がはっきりと感じられる。

さらなる高みを目指そう!

繊細な風を捉えるフィーリングがパイロットの能力を育てる、そんな新しい考え方のグライダーではないだろうか。正直、性能も安定性も優れたBクラスの翼で満足していた。しかし、さらなる高みを目指すパイロットなら、自分の能力を高める手助けをしてくれる翼と出会うべきだと思う。アスペン6は、感性を研ぎ澄まし、風の音を聞き、翼の鼓動を感じられる、そんな世界に導いてくれる翼である。

(REPORT:Shoichiro TADANO)

SPEC INFORMATION

サイズ 2224262830
セル数 6666666666
翼面積(投影)㎡ 17.4418.9320.5622.6424.55
翼面積(実測)㎡ 20.9722.7324.7327.2529.56
スパン(投影)m 9.339.7210.1310.6311.07
スパン(実測)m 11.6412.1212.6413.2713.82
アスペクト比(投影) 4.994.994.994.994.99
アスペクト比(実測) 6.466.466.466.466.46
機体重量 kg 3.704.504.705.205.50
飛行重量 kg 65-7570-9085-10595-119110-135
安全規格(LTF/EN) CCCCC
価格(税別) ¥500,000¥500,000¥500,000¥500,000¥500,000

※22サイズはライトバージョン

[製造元]GRADIENT/チェコ共和国
[輸入・販売元](有)エアハートコーポレーション
[URL]http://www.airheart.jp/

2017年10月号掲載)